彼のほうから「秋くらいにしないか」とパわれ、彼女は熱を入れていたジャズダンスの発表会があるのを思い出し、「秋はジャズダンスの会がある」と答えたら、「伐よりジャズダンスのほうが大切なの?」と一定され、「ゴメン」。双方の州税に報告して、一年後に挙式した。「吋》生の時はテニスをしたり、ドライブしたりするのが楽しくて結時のことは考えていなかった0.ても卒業しても交際が続いた。彼はあちこちの大学病院で研修して、速くに離れるた則川もあったけど。彼がいるのに他の入というれ持にならなかった。で出会ってからごく自然に結婚なった。彼も同じような気持だと思うわ。結服することが決まってからも、あまり変化はなかった。ただ、式や日物や引避しなど仕事ぞい航けながら準備したので忙しかっただけ。ほとんは母がやってくれ・手品したが。気持の雌上がりがないので、こんなでいいのかな?って感じだった」二人は結姑式の故中間公の叶全をしたアナウンサーに、子供のことを聞かれ、新郎が「三年間はっくりません。まだ二人て遊びたいです」と答えた。夫は二八歳である。彼火は紡断後、州院念、必職し、しばらく新川を終えた後、また別の病院へ勤める予ん足。「病院の薬剤師の仕事は、而臼くはない。資絡があるから世の中の景気の変動に関係なく働きはけんつけやすいし、給料もまあまあ。三年働いて思うのは、どんな仕いやでも而臼い思えるようにするには、仕事を第一にしてれ分、て新しいことにチャレンジしなくちゃいけないん、でしょうね。結僻すると二人がいい気分でいられる家庭をつくりたいし、仕事も楽しくやりたい。そのバランスのとり方がこれからの諜組、でしょうね」学内のバレーボールのサークルでプレーし、卒業後は郷里へタン、高校教諭になった原-琳依子さん(ニヒ)は、二年て退職、上京して別報従業に刊此職した。彼女の上京をきっかけに、学生時代のサークル仲間数人が集まりだし、彼女はその中のひとりと昨年第三章i.l'iil凶:~!:i同必(1配布;燃から非婚の共同生活を始めた。パートナーとは同学年.であったが、学部は別。彼は入学前に浪人しているから年齢は一歳tで、本来後は行都問、て川校講師ぞ就けている。二人は一戸建ての住宅を借り、家賃、食班、光熱班、通信自を折半している。残りのそれぞれの給料は科れで山政し、作製する。挙式、時姻屈を山山さない内・山は、「いろいろある、。けど、五いに経済的に依存しないでいた。

恋愛を胤刺して「数かぎりない恋愛関係を、ひと日に恋という。ところが・::ほんとうAの恋は、世にいう恋とは没交渉だ」と遺している。二代女性のな識と感性は、ラ・ロシュフlコに近いのか。ないものねだりをしても所詮、失望傷心が残るだけ、自分たちが二人の関係を恋愛と思えば、それが恋市民である、と引火災をクールに受け止めている人が多い。まれしかし、体験的に思うのは、この世に本当の恋愛が稀にしかないにしても、本物に近づ第三.仲間恋愛t偏差似結締きたいと思う情熱こそが心の若きであり、希望である。葛藤があり、失望し、結婚制度に落着く紡来になろうが、なるまいが、楽しい思い山に変わるとはかまらなくても、やってみて、くやり抜ける過程が、人生の立重な体験になる。中年になって、過ぎ去った歳月ぞ振返ってみると、どれだけ過去が長くても、まとめてかアッ。という一瞬でしかない。しかし、その一瞬のなかに、どれほどの恕いが凝縮されているかは、体験の盟かさによる。氷点司の恋と愛を求めた恋愛は、その一瞬を輝かせるに足りうる。二代女性の恋愛模様や結締は、当然のことながら今目的である。多量の情報守受けているせいか、試行錯誤のロスが少なく、選択や行動が賢いと思う-一方、それで青森に悔いが技らないのかな!と老婆心が鎌首をもたげてくるのも抑えられなかった。この誌で紹介したか友達結婚。した四人の女性とは、日頃からつき合いがあるからパカ話守する時もある。したがって、改めてインタビューをするのが照れくさかったが、スタートすると臆而もなく何でも聞きたがるインタビューァーの癖が出てしまった。彼女たちは、私の質問に答えながら附いを発し、一緒に考えたりもした。そうしているうちに、ひとりがこんなことを口にした。「今は家庭の中より、外のほうが刺激が強いでしょ。楽しいこと、一向白いこと、おいしいものがいっぱいある。だから、結賠は一緒にいてホッとできる相手にかぎると思って、学住時代からよく知っている人にしたの。っていう関係がチラテラする。だしたからと一言って、急に変われない現山を考えてみたの。了解を科たかったんだと思う。私たち、何でも訴すでしょ。相手が喋らないとなんて。学生時代と同じ制子。でも、実際に結婚生前を送りだすと、夫だ、安だそれが結構煩わしいの。友達同七が結掛武して。時制加をだきなきゃよかった・:・。出けをだした社会生活のルールだと思っていた。

二代後半の女性は「レベルを下げたくない」とよく口にする。何のレベルか。結時仰と紡断後の生活レベルで、レベルの小には衣食住の基本部分だけでなく、レジャーや旅行、ん系やの量まで含まれている。つまり、自分、て働いて得る給料、て行動できる範阿が紡舶によって放くなったり、白山時間が一肌くなるのは嫌というわけである。円く「働くのはいいけど、共働きだと白山時間が短くなるでしょ。仕市をやめれば収入が減るでしょ。自分の時間とお金が少なくなるのは嫌なのよね」。裏返せば、夫になる男性が資産家でサラリー以外の所けがあるか、山系下を五分五分にやってくれなければ「結賠を考えてしまう」ということ。,川ザル」時代、OmOLtになってからも物わかりのよい叙に而倒みられながら、向山に行動する-レ‘、,」、とが身についている女性たちは、結婚して専業主婦になっても家庭に間龍る気持はない。しかし、引と女の胤自民の性が同州からぶつかって、カルチャーショックの火花を散らす情熱的な恋愛はどこへいってしまったの、であろう。二代の女性の口から「愛」や「恋」の一行葉が聞かれない。かつて女性が愛や恋に憤れ、一歩を一時って身そ焦がしたのは、よほど他に楽しいこがなかったせいだったのかとまで忠われてきた。働く場がなかったから9永久就臓。としての紡鮪へなだれ込むしかなかったのかと。恋愛とは、いったい何なのか。文学作品に取よげられる恋愛は作品ごにヒロイン、ヒbーローによってさまざまであるが、恋愛を定義している人もいる。その人は、イタリアの社会乃よ祈ブランチェスコ・アルベロニで、イタリアでベストセラーになった『インナモイシナ毛ラメシトラメント〈恋愛の発見〉』(新評論、一九八四年)で、恋愛とはふたりっきりの《集同迎動〉が発生した状態であり、恋愛とは協同作業であると。人が恋愛を求めるのは、内聞に巣くう欠落感や疎外感であり、社・ムにおける内己再処をめざして町山介を新しい服、て凡ようとする企てであるとしている。要するに恋愛をすることは向己変革そのものである。引杭のニtO代には、こんな恋愛は「疲れる映るであろう。災市よりも制神の安定を求めているのだから。一方、人間の川知的と行動を冷徹に観・射した一じ世紀のフランスのモラリスト、ラ・ロシしんげんユフコーは『休明言』(内藤泌訳、山石波文時)、て、立族社会のサロンに出入りする人々ふうしの川て、美徳中の美徳とされていた。

結婚によって火性に↓ポせられる役別に内没したり、無理矢剛山分を縛ってもいない。これまで、どれほど多くの女性が結館、山産によって妻、母親、主婦、嫁に徹しようと役訓一辺倒に’分伝押し殺し、その結川本ストレスにさらされたことか。そのが%を考えると、結川町後の人小しを夫や子供の都合にわせるだけでなく、自身の計同も屯ねて立てている彼火の選択は、これから広まってゆくライフスタイルのひつになろう。結婚は精神安定剤恋愛が学校や大学サークル前動、職場いった仲間が集う場で芥生え、恋愛結婚が培えているが、二代の久性から話ぞ聞いて印象づけられたのは、怨愛は白川必の帯。、結は幸せになるための、ひとつの彩りといった感じて、結姉後も働き就ける女性は、夫い仰対等立識が強く、夫との共通部分発興、部分守認めながらパートナーシップを築こうしてい’。これは男火の価値観の接近であろう。一般に高学歴社会になると、男女の価航観は社会的立任感ゃれ会への抗献を考える点て似てくると一行われるが、本でも一九七0年代後半から女子の山等教育機関への進学率が著しく上昇し、それから一年余り経った現在、山力’の側値観の被近は仕事を通して別主となっている。加えて、性の解放の彬梓も恋愛や結献の動向に表れ、女性から話ぞ聞いていると、結婚を互いの性の独占とする考え方が薄れている。結結後の三角関係を認めるというわけではないが、性よりも互いに精神的に安定できる相手であることが第一に大切であると話す。おそらくこの点は、夫婦問でもな識の差があるであうフが、少なくとも女性の側は、夫との間に精神的繋かりを第一に求めている。もちろん、もろもろの一般的条件が終っているうえでの訴であるが。近年、二代前半の女性と話をしていて、話.地が給路に及ぶと、よく耳にするのは「クリアしたい」という表現。結締が入試、就職と同様に「クリア」するひとつの開円であると同じように「クリア」ずるこによって、自分の人生が大きく変化するわけでもない考えている綾子である。これまで、人生はマラソン、あるいは二人三脚競走にたとえられることが多かったが、彼女たちのイメージは。附害物競走。て、ハードルをジャンプするのに、少々パワ!とタイミングが必要と.パ一った感じ。「跳び越える対象に出会わなかったら、種目変更してマラソンへ転向」と言わんばかりである。先々のことまであれこれ想像する苦労性が少ない。

そのうちのひとりは、こう話した。「職場結婚したら、つちかがやめるか、配転させられるか、状況が変わるでしょ。会社にすてきな人がいれば、訴は別かもしれないげど、そうでもなければ学生時代のポイフレンドのほうがつき合いが長い分だけ、よくわかり合っている。そのほうが何かと都合がいいもの」彼女は地方の国立大学を卒業して東京に本社があるメーカーに就職した。夫になった男性は同級生、て、学部は別々。大学院修士総躍を終え、二年後に上京、東京で就職を決めた抗後に結婚した。「大宇時代に紡舶について話作ったことは一度もなかった。でも私が・邸主して離れ離れになってから、何かあるとむ話をする相手が彼だった。だから離れていてもお五いの気持は通じていた。彼が修士を終えて、一生爪で就職すると一言った時、突然ぷ相断。が浮上したの。『したほうがいいかな?』って言うから『そうね』って感じ。結時して一緒に暮らし始めたら学生時代にもどった店街じて、二人で虐行。じゃないかつて笑っています」彼’の場AHはのる日突然0.て、間りに的突と映るくらい急な結蛇であった。ただし、交際則聞は四年以上にわたっていた。もうひとりの女性は、大学時代の仲間に制介されて、二年先却で同郷、同じ大学山山身の性と結断し、三年間続けた仕事をやめて専業主婦になった。「同じ大学だと、スポーツの応援なんかも一紺にできるし、おUAも税しくなりやすい」と一日う。退職した剛いの友述一一山は、夫の勤はりJ地がドネ川小でなく、仰心まで泌いきれないことと、川和断後、なるべく早く子供を産みたい希盟があったから。彼女は希望泌り、結婚後一年経って女児を出産した。久しぶりに屯話、て治すと、「子供がかわいくて税パカやってます。でもときぎ、シングルで身般に動き川っていた頃が、ヨダレがでるほど懐かしくなるの。大半以米、七年間のひり暮らしに少々くたびれて結婚したんだけど:::。三五歳前後ぞメドに社会復帰したいと考えているの。その.引になれば彼の仕事も務将いて、定住地が決まっていると思うし」と話した。せりふ私がシングルでなければ、彼女はこんなれ河は吐かなかったかもしれない。しかし、彼女は結帰して子供を産むのは「子供が好きだから」と自らの選択であることを認識してお第三章仲間愛::と{偏差他結餅り、主川り縦、主い怖をしながら、将来の川就職プランも今から立て、夫や子供にも似人伝許さない白山の領域を内に確保している。

二人が対等な附係て暮らしていきたいから」と言う彼は「結婚すると、児はル久を後わなくちゃあ、みたいな義務を感じる。今の伐にはちょっと無担だし、彼女もそれを望んでいない。彼女とだから、こんな生前ができる。もともと、#業主制になりたい火性と結賠する気はなかったけど」彼女は料理がねなで、大勢の仲間と賑やかに食べるのが好き。だから、住宅を探す時も通勤の足の使のよりも、リビングルムの広いほうを選んだ。仲間が訪ねてくる日眼目は、二人で台所に立って、それぞれが腕ぞふるう。杵段はけ十く川ったほうが、食事をつくることにしている。彼のほうが休Hが多いから、{丞やは自ずと彼の分担拡が多くなる。休みの日は布同を干し、食事を川なして、彼火の臓州場にどれだけ山系市をすませたか、屯話する。「学校、て『オマエ、ヒモじゃないのか?』ってひやかされているみたい」と言って彼女は笑。,吋ノ彼は反論する。「彼’に養ってもらっているわけじゃないからヒモじゃない」と。二人は共同生前を始めてから、双方の両親の所へ辿立って挨拶に行った。.どちらからも「入籍するほうがいい」と一言われ、彼女は彼の父親から「あなたは本当に今のままでいいんですか」と念を押された。子供について聞くと、「まだ先の取はわからないけど、今のtころはつくる気なし」と二人はμを揃える。彼は「子供‘どころか、僕はまだ仕事のことさ・ぇ、きちんとしていないしね」と、子供をどうするかまで考えが共はない様子、である。大学サークル前動で川会った山女が恋愛関係になり、結時する例を見ていると、交際則、。聞が長〈、結時後も性別役割分業にとらわれずに二人て生前を楽しんでいる印象であるサークル活動の続きのように。趣味や興味・関心の一欽から聞係がスタートしているせいなのか。そして、子供を持とうという気持が希薄で、自分たちの親からの干渉も避けている。彼らの結婚生活には、従米の本的な夫婦、家庭の雰同気はきわめて薄い。結時は二人の共同信市で、税になることとは同一線上にはない。子供を持っか、持たないか、あるいはいつにするのか、改めて二人で話合ってから決める。似た者同士で結婚私の身近にいるこ代女性は、数がかぎられる。しかし、この二、三年内に紡航した人たちを思出してみると、大学サークル活動にかまらず、同じ大学出身者同士のカップルが日立つ。彼女たちに聞くと、「川じ大半、レベル、批ハ辿体験で安心感がある」とれを揃える。